花こころ

平和のために何ができる? ・・・一歩を踏み出すための朝鮮・韓国をはじめとする世界の歴史学習会

水曜企画−ハルモニと共に【183】

新しい年、福をいっぱい受け取ってください〜
息詰まる世の中。そんな中でも希望を見つけて前向いて歩いていきたいですね。
どうすればいいのか、みんなで知恵をしぼってガンバっていきましょう。

◎【ニュース】”10代で中国に渡った日本軍慰安婦女性を故国に迎える男性”(2012年12月28日 中央日報日本語版http://japanese.joins.com/article/749/165749.html)
『京畿道竜仁(ヨンイン)のある老人ホーム。キム・ウォンドンさんがイ・ギニョさんを訪れた。
故チョン・ハクスさん、チョン・スジェさん、イ・グムスンさん、ベク・ノプデギさん、ハ・サンスクさん(84)、イ・ギニョさん(85)…。
日帝強制占領期間、10代だった彼女たちは日本軍慰安婦として中国に連行され、解放後も韓国に戻ることができなかった。 中国のある田舎の村で韓国語も忘れたまま暮らしていた。
その女性が“故国”を取り戻せるように支援している人がいる。20年近く慰安婦被害女性帰国運動に取り組んでいるキム・ウォンドンさん(67)だ。
「もっと多くのおばあさんたちを迎えられず申し訳なく思う。 本当に苦労した方々なのに…」。
キムさんはこれまで元慰安婦の女性6人を韓国に帰国させている。
キムさんは「国を失ってさまよう元慰安婦の女性を放っておけずに始めた」と話した。
繊維事業をしていたキムさんは1993年、事業のために中国・南京を訪れた。 そこで故チョン・ハクスさんの悲劇的な状況を知った。
チョンさんは19歳だった1944年、慰安婦として中国に連れて来られ、その後、韓国に戻ることができなかった。
中国人と結婚したが、結局、捨てられた。
キムさんは「費用さえあれば韓国に連れて帰ることができる」と考え、とにかく飛行機のチケットを購入した。
しかしすぐに壁にぶつかった。韓中国交正常化前だった当時、法的独立有功者の子孫を除いて駐中同胞の帰国は不可能だった。
キムさんは政府に嘆願書を出し、1週間に1回ずつ中国を行き来しながら帰国運動を行った。
そして1995年、法務部から「韓国人であることを証明でき、慰安婦として連行された事実を証言する人がいる場合に限り、永住帰国を許諾する」という法令制定を引き出した。
翌年、チョンさんは韓国行きの飛行機に乗った。 キムさんが3年間にわたり動き回った結果だった。
キムさんの「慰安婦被害女性帰国運動」の第一歩だった。
1997年には中国の田舎でチョン・スジェさん、イ・グムスンさんを見つけ出し、2003年には北朝鮮国籍のハ・サンスクさん、ベク・ノプデギさんを韓国に連れて来た。
キムさんは帰国した女性に住宅と生活費を提供して世話をした。
2006年にキムさんの事業が危機を迎えたが、元慰安婦の女性を見放すことはなかった。
2010年12月、中国のイ・ギニョさんと連絡が取れた。イさんは「必ず韓国で死にたい」と涙声で話した。
キムさんは周囲の人の助けを借りて3月にイさんを韓国に呼んだ。イさんは京畿道竜仁の老人ホームで過ごしている。
その間、キムさんも70歳近くになった。
現在、ソウル聖潔教会の長老として海外布教ボランティア活動をしているキムさんは、「私も年を取ったが、苦労して生きてきた元慰安婦のおばあさんの余生のために最善を尽くしたい」と話した。』

水曜企画−ハルモニと共に【182】

今年最後の水曜企画です。
去年3月に起きた震災によって噴出した社会のあらゆる問題は収束することなく今年もさらに深くなって進み続けています。
政治は混乱し暴走し、年末の日本、韓国の選挙結果に見られる「脱・平和主義」に頭をかかえてしまいます。
この結果を受け、来年、どうしていかなければならないか。切実な問題です。
さらに深く、正しく物事を知らなければいけません。そして、適切な判断をしなければいけませんが、悠長にしている時間もありません。
戦争の時、国民は国家にだまされて戦争に駆り出されたと言うが、だまされたなら何故だまされたかを振り返らねばなりません。
今、もうだまされてはいけない。

◎【ニュース】”「軍人の相手をした年齢が…」 慰安婦肉声証言が入った口述集発行へ”(12月24日 中央日報日本語版http://japanese.joins.com/article/443/165443.html)
『韓国政府が日本軍慰安婦の肉声証言が入った口述集を発行する。
国務総理直属の対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会(委員長パク・インファン、以下・委員会)は来年1月、元慰安婦の口述資料集を出す予定だと23日、明らかにした。
政府レベルで元慰安婦に対する公式記録を出すのは今回が初めて。
委員会は2005年1月から最近まで全国各地を回りながら、日本軍慰安婦被害者12人の口述資料を採集した。
元慰安婦は口述集で、数十年前に体験した恥辱の記憶を苦痛をの中で呼び起こした。
--
◇ハン・スンボクさん(89、仮名)は1940年、日本人2人に連れて行かれた。
釜山港で全身を叩かれて船に乗った。目が覚めると、台湾基隆の日本軍部隊付近だった。
17歳の少女はその日から5年間、日本の軍人を体で受け入れなければならなかった。
ハンさんは震える声でぞっとするような記憶を語った。
「昼も夜も無条件に軍人だけを相手にした。軍人は今日死ぬか明日死ぬか分からないので人情もない。軍人が列をつくって押し寄せて….一人の軍人を相手にする度に洗うので、下半身が冷たくなり、自分の肌のようではなかった」。
◇キム・ボクニムさん(82、仮名)も同じ頃、中国延吉に連れて行かれた。
「金を儲けられるようにする」という職業紹介所の人の話にだまされたのだ。
1942年、キムさんの年齢は13歳だった。最初の1年間は雑用をした。しかし翌年、日本軍人を相手にする慰安婦になった。14歳の少女が大きな軍人の相手をするのは深刻な苦痛だった。
「まだ14歳なのに子宮は開かない。軍人は日本語で『できない』といって私を殴った。その言葉を言えば今でも心臓が高鳴って…」。
キムさんは解放後、中国人の服で男装をして逃げた。キムさんは「私が苦労したことは天と地しか知らない」と語った。
--
委員会によると、日帝は1930年初めから1945年まで約8万−18万人の朝鮮人女性を「日本軍慰安婦」として強制動員した。
しかしこのうち236人だけが公式被害者と確認された。ほとんどが各種病気で死亡したり、中国など海外に住み、把握が容易でない状況だ。
委員会側は口述集調査の過程で生存している元慰安婦3人を追加で確認した。2007年以来6年ぶりだ。
チョン・ヘギョン調査2課長は「ほとんどの被害者が家族に迷惑がかかると考え、慰安婦だったことを隠して生きている」と話した。
その間、民間レベルで慰安婦口述集が発行されたことはあった。しかし今回の口述集は政府レベルで作成された最初の慰安婦関連記録物という点で大きな意味がある。
委員会側は「慰安婦白書の発刊も検討中」と明らかにした。パク・インファン委員長は「その間、日本の右翼勢力が『証拠を出せ』と主張してきたが、政府レベルの公式文書がなく、対応できなかったのは事実」とし「今回の口述集が日本の右翼に否定できない証拠となることを望む」と述べた。
一方、北朝鮮は金日成(キム・イルソン)政権当時、慰安婦口述集を公式発刊したことが確認された。
中央日報が単独入手した北朝鮮の慰安婦口述集(1995年発刊)には、「(日本軍慰安婦は)日帝ファッショの非人間的圧力と搾取、そして耐えがたい人身的侮辱行為」という金日成の前書きが含まれている。2004年に発行された「日本軍性的奴隷制度」も金正日(キム・ジョンイル)の言葉が書かれている。』

◎【集会案内】”川田文子さん講演会 ハルモニの唄〜在日一世の聴き取りから見える植民地支配の責任と戦後の責任〜”
日 時:2013年1月14日(月・祝) 午後2時〜(開場1時半)
場 所:難波市民学習センター(なんばOCAT4階)
参加費:700円
主 催:リブ・イン・ピース☆9+25http://www.liveinpeace925.com/

水曜企画−ハルモニと共に【181】

12月16日、日本では衆議院選が行われ、自民党が圧倒的に勝利しました。
かつて戦争をした人がつくった党が反省もせず、むしろ戦争が、侵略が正しかった事の様にして、また戦争を始めようとする。
今日12月19日韓国では大統領選が行われています。深夜には結果が出る模様。
日本、韓国・・・・・・一体どこへ向かうか。
二つの選挙の結果を受け、私たちはどうすべきか。切実です。

◎【ニュース】”朴・文候補が大接戦 韓国大統領選、大勢判明は深夜”(12月19日 中国新聞http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201212190196.html)
『韓国大統領選は19日午後6時(日本時間同)、投票が締め切られ、開票が始まった。
保守与党セヌリ党の朴槿恵(パククンヘ)候補(60)と革新系野党、民主統合党の文在寅(ムンジェイン)候補(59)による事実上の一騎打ち。
KBSテレビなどの合同出口調査の予想得票率では朴氏が50.1%で、48.9%の文氏を僅差でリード、YTNテレビの調査では逆に文氏が数ポイント上回っており、大接戦となっている。
大勢判明は同日深夜になる見通し。次期大統領の任期は来年2月から5年間。
故朴正熙(パクチョンヒ)大統領の長女で、党代表を務めた朴氏が当選すれば、韓国初の女性大統領となる。
一方、人権派弁護士出身で、盧武鉉(ノムヒョン)前政権で大統領秘書室長などを歴任した文氏が勝てば、5年ぶりの政権奪還を果たす。
中央選管によると、最終投票率は75.8%(暫定値)で、李明博(イミョンバク)候補(現大統領)の当選確実が見込まれ過去最低となった前回(63%)を大きく上回った。
選挙戦は、常に4割前後の支持率を維持し優位に立っていた朴氏を、文氏と無所属の安哲秀(アンチョルス)元ソウル大教授(50)が追う展開だったが、文氏との候補一本化を模索した安氏が11月末の候補者登録の直前に出馬を辞退。
安氏の支持者を取り込んだ文氏が朴氏を猛追し、ほぼ横一線に並んで投開票日を迎えた。
朴氏はソウルで投票を済ませ「国民の投票で新しい時代が開かれることを願う」と述べた。
文氏は地元の南部・釜山(プサン)で投票し「過去5年間(の国政)に満足できなければ投票で世の中を変えてほしい」と訴えた。
各種世論調査によると、朴氏は中高年層や保守層の支持を集め、大票田の中部・忠清道(チュンチョンド)地域でも票を伸ばしている。
文氏は若年層や庶民層に支持され、革新地盤の南西部・全羅道(チョルラド)地域のほか、保守地盤の釜山でも保守票を切り崩している。
有権者数は約4046万人。7人が出馬したが、最左派の野党統合進歩党の李正姫(イジョンヒ)候補が選挙戦中に取りやめ6人で争った。
今回は大統領選初の在外投票も実施された。
(ソウル共同=松本安二)』

水曜企画−ハルモニと共に【180】

◎【ニュース】”台湾・馬総統、「慰安婦問題解決、日本は正面から取り組んでいない」”(12月10日 Record China http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=67307)
『2012年12月10日、中国新聞社によると、台湾の馬英九(マー・インジウ)総統は9日、第2次世界大戦中の旧日本軍による従軍慰安婦問題について、日本が問題解決に正面から取り組まず、一部の政治家が犯した罪を認めないのは遺憾だと表明した。
聯合晩報によると、馬総統は旧日本軍がアジアの女性たちを慰安婦にして迫害したことは、世界的にも認識されているとしたうえで、国連が1995年に慰安婦を軍事的性奴隷と認定していると説明。
馬総統は、歴史上の誤りについて謝罪はできるが、歴史的な教訓は絶対に忘れられないと主張。
誤りを認めることは、逆に最も大きな力になると語った。
一方で馬総統は、過去に多くの日本人弁護士が元慰安婦の女性たちを支援し、良識的な日本人も多く存在すると説明。
日本人は勇気をもって過去に向き合い、慰安婦に関する文献を保存し、二度と誤りを犯さぬよう世界の人々に知らしめてほしいとした。(翻訳・編集/AA)』

◎【集会案内】”川田文子さん講演会 ハルモニの唄〜在日一世の聴き取りから見える植民地支配の責任と戦後の責任〜”
日 時:2013年1月14日(月・祝) 午後2時〜(開場1時半)
場 所:難波市民学習センター(なんばOCAT4階)
参加費:700円
主 催:リブ・イン・ピース☆9+25http://www.liveinpeace925.com/

◎【訃報】キム・ボクソンハルモニ(挺隊協より)
『12月12日午前7時20分ごろソウルの療養病院に入院していたキム・ボクソンハルモニが亡くなられました。
1926年全羅南道カンジンで生まれたハルモニは18歳のときに就職させてやるとの言葉に騙され慰安所に連れて行かれました。
釜山収容所から大阪、サイゴンをへてビルマの慰安所まで、、、
苦難の歳月を経たハルモニは療養病院に長期入院していました。
先日状況が悪化し重患者室へ移り今朝旅立たれました。
金曜午前に天安の望郷の丘に埋葬される予定です。
韓国の生存者は 59名となりました。
日本からもハルモニのご冥福をお祈りください。』

水曜企画−ハルモニと共に【179】

◎【ニュース】”米地方政府、9日2日を「慰安婦追悼の日」に制定へ”(11月29日 サーチナニュースhttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1129&f=national_1129_011.shtml)
『米ニュージャージー州バーゲン郡のキャサリン・ドノバン郡長と、ジョン・ミッチェル郡議会議長は26日、慰安婦追悼碑の承認署名式を行った際、同郡に慰安婦追悼委員会を発足させ、慰安婦追悼の日を制定することを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
慰安婦追悼の日は、日本が第2次世界大戦で連合国に降伏した9月2日にすることを、暫定的に決定した。慰安婦追悼委員会は、バーゲン郡に設置される慰安婦碑の趣旨を継続して広めるために、人権や歴史を伝える活動を行う。
署名式では慰安婦碑に刻まれる文章も発表された。
文章には被害者を「韓国と中国、台湾、フィリピン、オランダ、インドネシアの女性と少女たち」と表記し、アジアをはじめヨーロッパの多くの子どもたちが拉致されたとの内容が記された。
また、「慰安婦(Comfort Woman)」の代わりに「性奴隷(Sexual Slabery)」の言葉が用いられ、加害主体は「帝国主義の日本軍隊(Armed Forces of Imperial Japan)」とした。
バーゲン郡の慰安婦碑は、市民参与センター、ニュージャージー韓国人会、ニュージャージー韓国人常緑会、KCC韓国人同胞会館の4団体によって推進された。(編集担当:新川悠)』

◎【お知らせ】”学習会−慰安婦問題を考える”(国民救援会姫路支部大会)
日時:12月8日(土) 19:00〜
場所:姫路労働会館第3会議室
講師:ひめじ市民法律事務所 弁護士・平田元秀氏